パソコンを買いに専門店と大手家電製品店に行くと、後者のほうが価格は高いが、説明がわかりやすかった

ここをチェック!賢いパソコンの買い方

ここをチェック!賢いパソコンの買い方

大手家電製品店のパソコンは説明込みの価格か

ここをチェック!賢いパソコンの買い方
先日、知り合いの女性と共にパソコンを買いに電気街へ行きました。
彼女の使っているパソコンがもう10年前くらいのモデルで、インターネットがあまりに遅いので原因を調べてみたのがきっかけだそうです。

あまり家ではインターネットを使わないからと、このご時世にダイヤルアップ回線でインターネットをしていたそうですが、最近のホームページはフラッシュだったり重たい画像だったりとダイヤルアップでは〜時間待ちという表示が出ることもざらだそうで、まずは回線をADSLに切り替えたそうです。

しかし、それでもやはり遅いので、原因を周囲のパソコンに詳しい人に聞いてみると、ADSLが運んでくるデータをパソコンが古すぎて処理できていないという答えだったそうです。

これはもうパソコン本体を買い換えるしかないということになり、いざ買い物へと出かけたわけです。

最初に行ったのはパソコン専門店で、電気街のお店らしく、店員さんもちょっとマニアックな感じの優しげのお兄さんでした。

大手の家電製品店よりも安かったのでその理由を聞いてみると、自社ブランドで作っているパソコンがほとんどなので、一般家電製品店で売っているパソコンには買ったときからインストールされているワードやエクセル、パワーポイントといったソフトが入っていないから安いのだということでした。
それだと結局後から自分でソフトを入れなくてはいけないということになるので、一緒に行った女性はそれだと自分はパソコンに詳しくないから困ると言いました。
それはごもっともなので、次に大手の家電製品店へ行きました。
価格は確かに最初のお店よりは高めでしたが、きっと彼女のようなお客さんがメインに来るお店なのでしょう、店員さんは40代くらいの男性でしたが、とてもわかりやすい説明でした。
メモリー?
CPU?
とわけがわからないという顔をする彼女に、メモリーとは、CPUとは、と丁寧なたとえ話を交えながら説明してくれて、私までなんだか勉強になりました。

オススメのサイト

  • 肉の通販するなら鳥取県のこだわり和牛のわったい菜です
  • 使う人のことを考えたナビ機能搭載のエスティマ専用カーナビはこちら。